借金の悩みは一人で抱え込まずに無料相談を利用して解決しよう

借金をしている事を友人、知人に言っているなんて人は少ないでしょう。リボ払いショッピングにしろ、カードローンのキャッシングにしろ、ほとんどの人が借金は秘密にしており、そして一人で悩んでいます。そして、一人で抱えているからこそ、解決方法もわからず、どんどん増えていく借金に途方にくれている方が多いようです。

 

そんな方こそ法律家に相談し、債務整理をすることをおすすめします。日本は法治国家なので債務が返せないとなると法律的に交渉等を行い、借金の減額や利息の停止などが出来ます。大阪で債務整理ををお考えの方はぜひ、大阪で債務整理をしてみてください。

 

大阪の債務整理のプロがあなたの債務の解決に取り組んでくれるでしょう。

債務整理をするべきタイミングとは

債務整理をするべきタイミング

複数の金融機関や消費者金融からの借入金が多数あり、返しても返してもなかなか元金が減らない人が多いと思います。

現在、こんな状況であるならば債務整理のタイミングは今だという状況を紹介していきます。

 

1 自転車操業状態になっている

 

借入金は月々に返済しなければならない一定の返済金があります。
たとえば1ヶ月にA社へ2万円返済し終えた後、再びA社から2万円を借り、それをB社に返済し、再度B社から2万円を借り、C社に返済といったように自転車操業状態になっている場合、いつまでたっても借入金が減少していくことは難しい状態です。

 

このような状態の場合は、すぐにでも専門家へ債務整理の相談をするべきでしょう。

 

2 手取金額の30%以上が返済金になっている

 

人それぞれお金の支出状況は異なる部分がありますので、こちらについてはあくまでも目安として考えてください。
一般論として返済金額が30%を超えると、経済的にかなり厳しい状況に陥ります。また、フリーローンなどの借入金が多い人は比較的収入が少ない傾向にあります。

 

これらを踏まえ、実際に借り入れをしている人の感覚になる部分も発生しますが、万が一の支出に余裕金がなく借入を行わなければならない状態になっている人は債務整理の相談をしてみるべきでしょう。こつこつ返したお金も再度融資を受ける事で振出に戻り、この状況についてもいつまでたっても借入金が減少するのは難しい状態と言えるでしょう。

 

3 まとめ

 

どちらの例にも共通して言える事は、借入金がなかなか減らない状況だということです。こんな状況の場合、債務整理のタイミングとしては良い時期であると言えそうです。

債務整理や過払い金請求における利息の再計算

債務整理による過払い金の利息計算

債務整理や過払い金請求における利息の再計算について、説明します。まず、債務整理は、一般に、借金の返済が困難になったために債務を整理することを指し、その具体的方法として、主に、任意整理、特定調停、個人再生手続、自己破産、と言う4つの方法があります。一方、過払い金請求は、借金返済時に利息を払い過ぎていた場合、後でその過払い分のお金の返還を請求することを指すので、債務整理とは異なるものです。ただし、任意整理などの債務整理において、債務者が返済すべき利息を法律に基づいて算定し直すと、金融業者から請求されている利息を下回るケースがしばしばあります。すなわち、債務整理も過払い金請求も、利息の再計算を行う、と言う点では共通しているのです。では、なぜ、利息の再計算が必要となるのでしょうか。その理由は、金利の上限を定める法律が2つあるからです。その2つの法律とは、利息制限法と出資法です。まず、利息制限法では、金利の上限は、100万円以上の借入れ時:15%、10万円以上100万円未満の借入れ時:18%、10万円未満の借入れ時:20%、と定めています。一方、出資法では、借入れ金額に依らず、改正前(2010年6月以前):29.2%、改正後(2010年6月以降):20%、となっています。そして、上限金利を超えた貸付への罰則規定は、利息制限法には無く、出資法には有ります(罰金(1千万円以下)または懲役刑)。こう言った法律の違いから、数年前までは、利息制限法を守らない金融業者が少なくありませんでした。そのため、現在でも、多くの場合、過払い金請求や債務整理においては、利息の再計算が必要になっているのです。

私は飲み会のお金を作るために借金をしました

生活費をキャッシングしだして多重債務になった

私はお酒が大好きで毎日のように仕事が終わると会社の同僚と飲みに行っています。特にビールを飲むと1日で中ジョッキ5杯は普通に飲みますので、お酒代も馬鹿になりませんし、結婚もしていますので給料の中のお小遣いではお酒代をまかなうことが出来なくなっていました。しかし友達との呑み会はとても楽しく、私の人生での生きがいは友達とのお酒にありますので、どんなことをしても飲み会には参加したいと思い、キャッシング会社で謝金をすることになったのです。

 

キャッシング会社は以前と比べて非常に丁寧で親切でやましいことは一切なくなっていますので、私は安心して審査を受けることになりました。私はサラリーマンですので、審査には当日で通ることにになり、すぐにキャッシングを行うことが出来るようになりました。たまにお金がないときにはコンビニでキャッシングが出来るようになり、友達との飲み会をすっぽかすことはなくなりました。

 

返済もしっかりと計画立てて行うように友達から忠告されていますので、なんとかボーナスなどを利用して、必ず返済するようにしています。本当にキャッシングが出来満足する生活を送ることが出来るようになりました。思ったほど罪悪感もなく簡単に利用する事が出来驚きです。その後、結局借金が膨らんでしまい、大阪で債務整理をする事になりましたけどね。

 

女性と付き合うのは当然お金がかかる

彼女の前で見栄をはるために借金をした

私は念願の彼女と付き合うことが出来、長い間恋人がいなかった生活からおさらばすることがやっと出来ました。恋人は私よりも5歳年下で本当にかわいく、彼女のためなら何でもしてあげたい気分にさせる最高の彼女です。私は彼女が喜ぶようにデートには毎回プレゼントを用意して望み、彼女が欲しそうにしている洋服やバックなども普通に買ってあげる関係であります。彼女は結構おしゃれをしますので、ある程度彼女に使うお金は馬鹿になりません。

 

しかし私は念願の彼女を手にしましたので、彼女に嫌われる恐れをなくしたいために、キャッシングを行いお金を借りることにしました。私はサラリーマンですので、審査も何の問題もなく通り、20万のキャッシングを行い、彼女にお金がないと思われないようにしています。返済は月に3万円ずつ返済し、お金が余っているときに多くのお金を返済する方法を取っています。

 

彼女にプレゼントを渡すときに、彼女が見せるあの笑顔が忘れられずいつも何かを買ってあげています。今度の彼女の誕生日には指輪をプレゼントするつもりでいますので、またキャッシングに頼らなければいけません。キャッシングがあると本当に便利で、必要なときに必要なだけお金を借りることが出来ますので助かっています。

 

キャッシングをして生活を維持しているわけですから、結果的に多重債務者になってしまい。債務整理を大阪の法律家に依頼する事になりました。大阪で債務整理をして良かったと思っています。

 

知り合いの借金体験談を反面教師に

生活水準を下げられずに多重債務者に

私が以前働いていた職場の同僚の話です。

最近また会う機会があり、借金の話を聞きました。
彼女なりに悩んでいたそうです。

 

彼女の旦那さんは昔、会社を経営する社長でした。
小さな会社でしたが、利益もそこそこあり、生活もそれなりに裕福だったそうです。
彼女いわく、あまり欲しいものを我慢した記憶がないんだとか。

 

それだけならうらやましい話ですが、その後不景気の煽りを受け、会社は倒産。
多額の借金を抱えてしまいました。
結局自己破産ということで借金はなくなりましたが、住む場所は大きな一軒家から小さなアパートへ。
一度上げた生活水準を下げるのは大変なことです。
彼女は裕福な時が忘れられず、再就職した旦那さんの給料も多くはないのに、欲しいものが我慢できずに散財。
彼女も今の職場で働き始めていましたが、お金が足りるわけもなく、ついに消費者金融などから借金をしてまでも遊んだり、ブランド物を買っていたそうです。

 

当たり前ですが、徐々にお金もまわらなくなり、次々に借金。
いつの間にか何百万と抱えていました。
それでもなかなか現実が見れず、借金の督促も無視したりした結果、ついに職場へ催促らしき電話が来るようになったそうです。
最初は同僚たちが隠してくれていたそうですが、上司にもバレてしまいました。
職場を解雇されることを覚悟していたようですが、上司の計らいで、借金は一度会社で返済していただけたようです。
その代わり、毎月の給料から何万か天引きされているとのことでした。

 

私は、とりあえず働く場所がなくならなくて良かったねとしか言えなかったくらい驚きました。
しかし彼女も「ようやく目が覚めた。これからは無駄使いしないように頑張る」と心を入れ替えたみたいです。
借金は割と身近なことだと思うので、自分は堅実にやっていかなきゃと思いました。
彼女の経験を反面教師にしていきます。